【大和市の不動産売却なら永寿デザイン】特に田舎は測量しましょう!

無料査定はこちらから

【大和市の不動産売却なら永寿デザイン】特に田舎は測量しましょう!

【大和市の不動産売却なら永寿デザイン】特に田舎は測量しましょう!

2021/09/22

「縄伸び」「縄縮み」は、特に農地や山林で起こることが多いそうです。

 

田舎の実家が街中にあればよいのですが、少し街中から離れているようなところにあるのであれば、「縄伸び」してる可能性が大きいでしょう。ということは、地積が実際よりも小さく登記されている可能性があるということです。特に田舎の古い民家を売却するときには、売主の方が損をしないために測量はすべきなんでしょう。

 

でも、㎡単価や坪単価の安い土地の測量をしても、測量費用の方が大きくなっちゃう可能性も大きいんでしょうね。微妙ですね。

 

 

大和市の不動産は、当社で「お家探し」も「無料査定」もいたします。「空家」のご相談も喜んでお受けします。

 

「不動産の売却」「相続」「家族信託」「成年後見制度」などについての疑問点などがあれば、永寿デザイン株式会社までお気軽にお問い合わせください!

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。