【大和市の不動産売却なら永寿デザイン】「公簿売買」の2つのパターン

無料査定はこちらから

【大和市の不動産売却なら永寿デザイン】「公簿売買」の2つのパターン

【大和市の不動産売却なら永寿デザイン】「公簿売買」の2つのパターン

2021/09/19

登記されてる地積は、「めんどくさいから間違っててもそのまま支払ってね。」「間違ってたらきちんと面積分は清算するよ。」の2パターンに限られています。「公簿売買」には2パターンあるということです。

 

なんで登記簿なんてお堅いものに書かれている数値が、世の中で信用されていないのか? 不思議ですね。

 

それには理由があります。そもそも「地積」は、登記などの数値をメンテするタイミングが無いと無制限に古い数値が残っているものらしいのです。

 


大和市の不動産は、当社で「お家探し」も「無料査定」もいたします。「空家」のご相談も喜んでお受けします。

 

「不動産の売却」「相続」「家族信託」「成年後見制度」などについての疑問点などがあれば、永寿デザイン株式会社までお気軽にお問い合わせください!

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。